株式会社シマダエッグ 生産者情報 太田農産
  
シマダエッグ あんしん、おいしい、シマダのたまご
トレーサビリティ
商品紹介
工場見学
シマダエッグの力
生産者情報
品質管理
旬素材×たまご
北総のたまご
直売所コッコきみまろ
ショッピング
Q&A
お問合せ
会社概要
リンク
携帯用
サイトマップ
特定商取引法
生産者情報
一覧へ戻る太田農産

生産者 有限会社 太田農産
代表者 太田 耕一郎
住 所 (農場事務所) 千葉県旭市倉橋1031
TEL 0479-55-3250
FAX 0479-55-5170
農場名 倉橋農場
千葉県旭市倉橋1031
    飯岡農場
千葉県旭市三川14818
太田耕一郎
企業紹介
(有)太田農産は千葉県北東部の旭市に農場があり、自然に恵まれた環境の中でたまごの生産をしています。
私たちは、ニワトリをヒヨコの段階(生まれた日もしくは生まれた翌日)より約120日(生後)間かけて、大人のニワトリへと育てます。
この約120日間を育成期とし、良い卵を産む事の出来るニワトリになるように育成期専用農場にて大切に育てていきます。(育成期間中のニワトリは約20.000羽です)
成鶏期は、育成期を過ぎて卵を産む事の出来る体になったニワトリを指し、約130日(生後)前後で卵を産み始めます。このニワトリも約550日(生後)で若いニワトリに入れ替え、常に良い卵を生産出来るように体制を整えています。
倉橋農場 飯岡農場
倉橋農場   飯岡農場
top
飼料
成鶏用飼料
加熱殺菌飼料(サルモネラ菌対策)
鶏に与えている飼料は加熱殺菌プラントで加熱殺菌処理されています。
加熱殺菌プラントでは原料配合後の飼料を約80℃から90℃の蒸気で約2分30秒から3分間蒸しています。
この加熱殺菌処理は飼料に雑菌類が混じっていたとしても死滅させる事ができ、鶏の健康を維持するために大変重要な飼料処理方法です。

ネッカリッチ(木酢酸吸着軟質炭粉末)を混ぜた特別な餌を使用中です。
*ネッカリッチ飼料・倉橋農場の約40%のニワトリに使用中の、「ネッカリッチ」とは、動物用医薬品と飼料原料(木酢酸粉末)として農林水産省に認められたものです。(木酢液および炭の資材で、他に認定されたものはありません)ネッカリッチとは、数十年生育した樹木の有効品種を原料として、これを乾留し、貯留槽で薬草などと調整された特殊木酢原液を、畜産用に調整された軟質炭素粉末に調合・製造された物です。これにより、ニワトリのエサの栄養利用効率が高められると共に、ニワトリ自体が健康な状態を維持しやすく、腸内環境が整えられます。万が一、サルモネラ菌等が侵入してしまっても、菌をスムーズに体外に排出しやすくなります。
主な飼料
穀類 とうもろこし
植物性油粕類 大豆油粕、コーングルテンミール・なたね油粕
動物質性飼料 魚粉
そうこう類 コーングルテンフィード・米ぬか油粕
その他 炭酸カルシウム、リン酸カルシウム等
top
鶏種
ハイライン・ソニアです。
 
 
top
鶏舎
倉橋農場と飯岡農場は海上郡海上町・飯岡町にあります。この付近は九十九里浜最東端にほど近く、一年を通じて海からの風により、夏は涼しく冬は暖かくニワトリにとって快適な環境といえるでしょう。    
イメージ イメージ
倉橋農場
倉橋農場は開放低床1段ケージタイプ
 
        飯岡農場
飯岡農場は開放高床2段・3段ケージタイプ
 
top
こだわり
農場環境
  両農場共に自然の風、自然の光が鶏舎内に入ります。
1 ニワトリはケージの中に2羽ずつ入っており、これにより餌を食べる時も、
2 水を飲む時もスペースはゆったりしています。
3 ニワトリのフンは定期的に除去し堆肥化しています。
このような形態でニワトリは健康的に飼育されています。
衛生対策
  衛生対策については、育成期・成鶏期とニワトリの入れ替え時期に、空の状態で、ほこり等の除去・その後の水洗の徹底・乾燥・消毒・乾燥といった手順によりきれいで、衛生的な状態にし健康な若いニワトリを入れます。

 
top
一覧へ戻る
SSL グローバルサインのサイトシール
   
   当サイトではお客様の個人情報をご入力いただく際は、グローバルサイン企業認証SSLサーバ証明書を使用し、強度なSSL暗号化通信を実現しています。
   サイトシールをクリックして、サーバ証明書の検証結果ご確認ください。
株式会社シマダエッグ TEL:043-232-6918(営業時間:午前9時から午後5時)  E-mail:info@shimadaegg.co.jp