株式会社シマダエッグ 生産者情報 岡本養鶏場
  
シマダエッグ あんしん、おいしい、シマダのたまご
トレーサビリティ
商品紹介
工場見学
シマダエッグの力
生産者情報
品質管理
旬素材×たまご
北総のたまご
直売所コッコきみまろ
ショッピング
Q&A
お問合せ
会社概要
リンク
携帯用
サイトマップ
特定商取引法
生産者情報
一覧へ戻る岡本養鶏場

生産者 岡本養鶏場
代表者 岡本静雄
住 所 (本社)〒292-0501
千葉県君津市山滝野1028
TEL 0439-29-2778
FAX 0439-29-2779
農場名 山滝野農場
千葉県君津市山滝野1028
イメージ
企業紹介
千葉県南部・上総の地で鶏卵の生産に取組んでいる岡本養鶏場と申します。私達はヒヨコの時の(1日齢時)より同養鶏場において、60日齢まで陽圧ウィンドレス(窓なし)育雛舎で飼育され、その後開放育成舎で卵を産み始めるまで60日間飼育されます。この様に私達は成長段階に合わせて健康状態を把握し、その鶏群に合わせた飼育管理を行なうことが出来ます。また、鶏群を成長段階に合わせて育成舎、そして成鶏舎へと移動します。成鶏舎には120日齢前後より550日齢が飼育(採卵)期間です。久留里銘水の上総の美味しい水が地下100mから汲み上げ、この地下水が健康な鶏に。その鶏から生まれる卵が最も美味しい卵です。安全=安心を合言葉として、これからも皆様が安心して「美味しい」と言って下さる安全な卵づくりに精一杯努めていきます。今後とも宜しくお願い致します。
イメージ イメージ
岡本養鶏場の皆さん   新鶏舎
top
飼料
成鶏用飼料(中部飼料株式会社)
加熱殺菌飼料(サルモネラ菌対策)
鶏に与えている飼料は加熱殺菌プラントで加熱殺菌処理されています。
加熱殺菌プラントでは原料配合後の飼料を約80℃から90℃の蒸気で約2分30秒から3分間蒸しています。この加熱殺菌処理の飼料に雑菌が混じっていたとしても、死滅させることができ、鶏の健康を維持するために大変重要な飼料処理方法です。これより健康な鶏から生産されるより安全な卵を消費者の皆様へ提供しています。
PHCFコーン使用
鶏に与える飼料の主原料であるとうもろこしは収穫後の保管及び流通段階で化学合成農薬を使用していないポストハーベストケミカルフリーコーン(PHCFコーン)を使用しております。
主な飼料
穀類 とうもろこし
植物性粕類 大豆油脂・コーングルテンミール・菜種油粕
動物性飼料 魚粉
そうこう類 コーングルテンフィード・米ぬか油脂
その他 炭酸カルシウム・リン酸カルシウム等
top
鶏の種類
ハイラインソニア鶏種 ハイラインソニア
ピンク卵
ハイラインソニアは、アメリカのハイライン社によって育種開発された鶏です。
ヒナはすべて日本の国内のふ化場で生まれています。
top
鶏舎
鶏舎タイプ:開放低床型直列3段ケージタイプ
開閉式カーテンにより、自然風自然光が鶏舎内へ入る鶏舎です。鶏糞を鶏舎外へ取り出す特別な装置が設置されており、定期的に除去することです。
定期的に除糞するために鶏たちは、より衛生的な環境で飼育されます。また、大きな扇風機が設置されており夏の猛暑時でも比較的涼しい鶏舎で鶏たちは過ごします。
イメージイメージ
top
こだわり
鶏糞乾装置
  糞受ベルトには糞乾装置により強制的に風を送る仕組みとなっていて鶏糞の水分減らす役目をしています。また鶏が糞受ベルトの糞を突っつかないよう特別なケージを取り付けております。
集卵装置
  網ベルトによって運ばれてエエレベーターに入りテーブルカウンターに出たところで人の手によってトレイにつめています。

top
一覧へ戻る
SSL グローバルサインのサイトシール
   
   当サイトではお客様の個人情報をご入力いただく際は、グローバルサイン企業認証SSLサーバ証明書を使用し、強度なSSL暗号化通信を実現しています。
   サイトシールをクリックして、サーバ証明書の検証結果ご確認ください。
株式会社シマダエッグ TEL:043-232-6918(営業時間:午前9時から午後5時)  E-mail:info@shimadaegg.co.jp